おさんぽ日和

osanpomo.exblog.jp

「アル・ケッチャーノ奥田シェフに学ぶ会」のご案内

知る人ぞ知る?というか、食べることが好きな人ならきっと知っている山形の「アル・ケッチャーノ」の奥田シェフが、私が関わる北海道スローフードフレンズでお招きし札幌にいらっしゃることになりました。
奥田シェフの話は、昨年横浜でほんの少しだけ聞くことが出来たのですが、そのほんの少しがものすごく面白くていつかちゃんとお話を聞けたらいいなぁと思っていたのです。ぜひ、いろいろな方々に聞いていただきたくご案内いたします。

ももも会場にいます〜♪一緒にいい話を聞きましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月15日「奥田シェフに学ぶ会」
〜なぜ「その土地らしさ」が大切なのか?〜

庄内の食材を掘り起こし、料理という形で広く世に伝える
奥田政行シェフをお招きし、身近にお話を聞ける勉強会と懇親会のお知らせです。

<ねらい>
「地産地消」は、地元の産物を食べ、地域を知り、活性化する。
素晴らしいことだけれど、これからは「なぜそうするのか」を考えてみたい。
地元鶴岡のおいしさを追求して、驚くほど多くの人に影響を及ぼした奥田さんは、どう考え、実践しておられるのでしょう。
スローフード協会のメンバーでもある奥田さんのお話を聞きながら、
今、「地元のものを使い、食すこと」の価値を、再発見してみませんか。多忙な奥田さんがこのために札幌へ足を運ばれる、貴重な2つのイベントです。

主催 北海道スローフードフレンズ帯広

■奥田シェフ×湯浅優子さん トークセッション
日時/9月15日(水)15:00〜17:00
会費/2500円(お茶付き)
会場/STV北2条ビル 地下会議室札幌市中央区北2条西2丁目15
※Barcom(バルコ)札幌(電話011-211-1954、ビル南向き1階 タリーズコーヒー隣) よりお入り下さい。
・奥田さんと知己であり、「北海道スローフードフレンズ帯広」会長の湯浅優子さんが聞き手をつとめ、親しくお話を聞きます。質問タイムもあります!

■申し込み〆切:9月10日(金)(定員になり次第〆切)
問い合わせ・申し込み:メールcco56560@syd.odn.ne.jp 
(北海道スローフードフレンズ事務局 担当/すずきもも)

■奥田 政行 氏 プロフィール
1969年山形県鶴岡市生まれ。高校卒業後に上京し修業。2000年、在来野菜など、地元生産者の顔の見えるこだわり食材を使う店「アル・ケッチァーノ」を開業。2004年 「食の都庄内」親善大使に任命。イタリア・スローフード協会国際本部主催の「テッラ・マードレ2006」で、世界の料理人1000人に選ばれる。2009年、銀座に山形県産食材を用いたイタリア料理店「YAMAGATA San-Dan-Delo」をオープン。スペイン・サンセバスチャン世界料理大会招聘。2010年、第1回「辻 静雄食文化賞」受賞。国内外を舞台に山形・庄内の食材の素晴らしさを広めている。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-09-02 10:45 | イベント | Comments(0)