「ほっ」と。キャンペーン

おさんぽ日和

osanpomo.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

展覧会終了*ありがとうございました

昨日で「ゆるゆるふんわりちっちゃい展」が終了しました。
新聞に掲載していただいたり、ラジオでご紹介いただいたりとたくさんの方々にお世話になり、そしてたくさんの方に来ていただきました。DMが少なくて途中でほとんどなくなってしまい、ご案内しそびれてしまったこともあって反省しています。にもかかわらず、来てくださって本当にありがとうございました。また、たくさんの励ましもいただきました。
会場は小さなスペースでしたがほのぼのした空間になったと思います。ただ、いつもギャラリーとして使っている場所ではないのと、場所がわかりずらいと言うこともあり、迷った方も多かったと思います。次回はちゃんとDMに地図を入れて作りますね。ご足労とおかけしました。

5日間の展覧会中、懐かしい幼なじみが2人訪ねてきてくださいました。1人は25年ぶり、もう一人はもしかしたら33年ぶりくらいでしょうか?でも、会えば不思議なことにすぐ学生の頃に戻ってしまい、懐かしい楽しいひとときをいただきました。また。2年ほど会ってなかった友人もたずねてくれました。病気を抱えていましたが、私にも持病があり、お互い身体の健康を気にする年になったのだねぇとつくづく。また、ある人は2日続けてきてくださったり、ゆっくりじっくり過ごしてくださったり、本当に有意義な毎日でした。
「袖振りあうも多少の縁」と昔の人は言いましたが、きっと前世のどこかでお会いしていたのだと思います。

縁と縁が繋がっていろいろな元気や勇気をもらいました。今日はさすがにちょっとくたびれていますが、身体のくたびれはさておき、気持ちはピカピカです。まぁ、搬出して運び込まれた物の片付けを目の前に青ざめている私です。

なぜか自分で展覧会の写真を取る余裕もなかったのですが、搬出前に知り合いの方に撮影してもらいましたのでデータをいただいたらブログにアップしようと思います。

袖振りあったみなさま、本当にありがとうございました。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-30 14:24 | イベント | Comments(3)

今日から始まりました。ゆるゆる〜〜

「ゆるゆるふんわりちっちゃい展」が今日から始まりました。
直前まで、こんなんで始まるのかなと自分の手の遅さにどぎまぎ&自分の計画性のなさがあんまりで、ちょっと自己嫌悪中でした。それでも初日の今日はたくさんの人に来ていただき、ありがたいと心から感じた日でした。お花やお菓子をたくさんいただきました。ほんとうにありがとうございます。
このように展覧会を開くたび、いろいろな人たちの繋がりの中で自分がいかされているのだなぁと、涙が出てしまう。一つ一つに関わるチャンスを与えてくださって、感謝です。
この温かさ、感謝をすべて胸に刻んで、消化し、新たに形を変えて皆様に恩返しできればと考えています。そんな思いを込めた小さな雑誌「てとてと(手と手と)」は明日、発行します。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-25 22:00 | What's new | Comments(0)

ゆるゆるふんわりちっちゃい展

e0127526_2151615.jpg

寒い1日でしたね。雪が降っていましたね。
さて、来週の水曜日から5日間、小さな展覧会を開きます。最近の本の原画や過去の作品、また新しい新作や小物などなど展示販売します。また、この日に合わせて製作中の小さい冊子「てとてと」のデビューも!お楽しみに!

会期*11月25日水曜日〜29日日曜日am11:00~pm6:30まで
場所*OYOYO Gallery
札幌市中央区南2西6、三谷ビル6階(東急ハンズ西隣)

+WORK SHOP「イヤーズプレートを作ろう」
27日(金)28日(土)両日ともpm1:00~
参加費/2800円(材料費&お茶付き)
*要予約−25日までにお申し込みを→sumomo@momo-s.com
お皿にチョキチョキ切って貼るだけでできるプレートです。きちんと焼成しますので(後日お渡し)実用可能です。飾っても使ってもよしのプレートです。
見本は以下の写真です。柄はご自身の好きなように作れます。
e0127526_21231123.jpg


+ちょっとしたparty
とき*28日土曜日pm6:00ころより
会費*2000円(カレンダー付き)
パンとワインとコーヒーとおつまみも用意しています。
参加ご希望の方はご連絡ください。

ももは会期の間はほとんど会場におります。
寒い日が続きますがぜひお出かけください。お待ちしています♪
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-18 21:35 | What's new | Comments(0)

だい好きパンの会のワイン会でした♪

先日は友人であるソムリエの佐々木メグミさんをお招きしてワイン会を開きました。
「コンヴヴィアリテ〜楽しいひと時をご一緒に〜VALUE BORDEAUX」です。
だい好きパンの会では1年に1度ほど、お酒とパンの会を開いています。
いままでもいろいろですが日本酒とワインを合わせたことも。
今回はコントラストさんという札幌のフレンチの有名店「ル・ミュゼ」のセカンド店をお借りして行うことになりました。内装も素敵なこのお店、見かけが重厚でちょっとドキドキしますが、とってもリーズナブルでカジュアルに利用できるお店です。
e0127526_14522716.jpg

e0127526_14524876.jpg


北海道で初めての女性ソムリエです。すごくかっこいい!
e0127526_14543970.jpg

そしてみんな真剣です。
e0127526_145531100.jpg

まずはシャンパンで乾杯!シャンパンは「Mille D'or Brut Tredeition」すっきり切れ味のあるシャンパン。もちろん冷やしていただくけれど、少しぬるくなってもなぜか美味しいというか味がだれな
い。
e0127526_14594114.jpg


前菜です。小さなハンバーガーはえりもの高橋さんの短角牛のハンバーグとシェフの自家製パン、生ハムを撒いた小さなグリッシーニ、小エビにアボガドのソース、黒ごまのおせんべいのようなものとキノコのソテーなどなどの盛り合わせ。
シャンパンの次の白ワイン「Entre-Deux-Mers Ch Moulin de Launay2007」にもよく合う。
このワインはすっきりしていて飲みやすい。甘くないので魚介にも合うかも。
e0127526_1531757.jpg


次のワインは「St-Estephe Ch Les Or de-pez2005」の赤ワイン。トランスヴァーゼしたものとしていない物を飲み比べてみた。
e0127526_1513385.jpg

e0127526_15132599.jpg

メグミさんとコントラストのソムリエ上嶋さんがトランスヴァーゼ。
e0127526_15134351.jpg

トランスヴァーゼした物は味がまろやかで香りも丸くなる感じ。お料理は焼尻島の羊のパルマンティエ。三友牧場の山のチーズ入り。ちょっと重たい濃厚な羊のお料理にはトランスヴァーゼしていない少し尖ったままのワインの方が合うという人が多かった。やっぱり一緒に食べる物にも影響されますね。

今日のメインのワインが登場!まだ日本ではあまりお目にかかっていないワインだそうです。それも作り手がシャトーロートシルトやオーパスワンを手がけた人とのこと。みんなもお目目がキラキラ。
「Fronsac Ch Trois Croix 2001年と2000年」のワインを飲み比べてみる。収穫年が違うし、2000年は偉大な年といわれている、多分もう少し熟成してもっと数年してからいただいた方がいいワインだそうです。それで、2000年はトランスヴァーゼした物をいただきました。
e0127526_15274061.jpg

どちらも香りがとってもよくって、重くないけど軽くない。2001年はちょうどいい感じで飲めて、メインのお料理のソーセージやベーコンなどのお料理にもよく合う。2000年はトランスヴァーゼしてもまだ、硬い感じがあって、でも香りがすごくいい。覚えておきたいワイン。
e0127526_15281515.jpg


さいごはデザートに合わせてスペインのシェリー酒「Williams &Humbert Cream」にオレンジの輪切りを入れていただきました。このままでも甘くて美味しいお酒だけどオレンジの香りがすごく良く合う。デザートはシェフのおばぁちゃんの家の無農薬ぶどうを皮ごとソルベにしたものとぽろぽろのクッキーに作り立てのフロマージュブランとオリーブオイル、黒オリーブを乾燥させて粉にしたものをまぜまぜして食べました。うまい!
e0127526_15413381.jpg

e0127526_1541561.jpg


今日のワインのインポーターは最後のシェリー酒以外すべてホクレン通商さんの取り扱いの物です。
e0127526_15482371.jpg

インポーターの黒川さんもいらしてくださって、とってもためになる説明をしてくださいました。先週もフランスから帰ったばかり。もちろんもうすぐ解禁になるボジョレーの仕入れだったのですって。今年のボジョレーはすごくいいみたいですよ。解禁日が楽しみですね。

すっかり気分はボルドーへ。ボルドーツアーにも行こう!というような企画???も持ち上がり、来年秋頃あたり本当にいくのかしら??という感じですが、年明けにちょっと企画してみようかと考えています。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-15 15:56 | pain | Comments(2)

さんぽ、餅つき、ほこほこ

小春日和の土曜日、久しぶりに円山公園へ。温かな昼下がり、おさんぽの人たちがいっぱい。私も最近新しくしたカメラを片手にぶらぶら。
e0127526_2333715.gif

カメラの性能がいいせいか、円山公園がパリのマロニエの並木のように見える。
e0127526_2351296.gif

紅葉もきれいです。

日曜日は参加している田んぼ作りの恒例のお餅つき。
白石にあるアンの店へ
e0127526_23102215.gif

ぺったん、ぺったん。
e0127526_2313405.gif

e0127526_231114100.gif

搗き立てのお餅をちぎりちぎり。
e0127526_2312781.gif

ちぎったお餅をきな粉、あずき、練りごま等々でいただく。青首大根で食べたお餅がすごくさっぱりしていて美味しかった。搗き立てのお餅はおいしい〜♪

今日は新得の湯浅ファームから美味しい物がやってきた。
e0127526_2315527.gif

ジャム4種と野菜たち
e0127526_23172031.gif

夕ごはんにはじゃがいもとにんじんのサラダをつくりました。美味しかった♪夕ごはんの後にヨーグルトにイチゴジャムを早速開けて食べてみました。おいしい〜。

美味しい物を食べて、ほこほこ、ほこほこ。
なんだかほのぼのの日々・・・・
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-09 23:23 | 日々、徒然 | Comments(0)

横浜から練馬区へ

e0127526_1937465.gif

横浜のテッラ・マードレとスローフードマーケットなどの一連のイベントが終わり、フレンズメンバーの特別ツアーで練馬区にある「風のがっこう〜白石農園」へ。この学校は農家が教える農園学校です。まわりはぐるりと住宅街ですが、ここは江戸時代から250年も続く農園で、近年までずっと農地だったそうです。都心の人口が増えるにつれ畑がどんどん住宅地へ。いろいろな住宅メーカーさんが来るそうだけど、いまはこの地を農地のまま守っていてよかったと、農園主の白石さんは思うそうです。
農地の半分は自分の仕事のための畑、半分が学校のための畑だそうです。見渡すかぎり整理整頓された美しい農園です。
e0127526_19421490.gif

畑には一人ずつの区画に数品目が季節の会わせて栽培されて行きます。写真に写っている人影は白石さんです。昔は同じ年頃の人たちがどんどんサラリーマンになり偉くなって行って、取り残されたような列の一番後ろを走ってるような気がしていたけれど、僕を先生と読んでくれる生徒さんたちがじつは定年前は一流起業のエリートさんだったりして、いつのまにか僕が先を走ってたよ。な〜んていって、あっはっはとおおらかに笑っていました。この白石さんの取り組みが成功して、見る見るうちに関東、近畿,全国へ広がりつつあるようです。そのことが認められて今年、日本農業賞の集団組織の部の大賞を取られたそうです。すばらしい〜

都市の中の農業を考えるとき、ここにヒントがたくさんつまっていると思いました。私のおぼろげながら次のテーマがここに見えます。

ここを案内して釣れてきてくださったスローフードの第一人者のSさんと2年ぶりにお会いできてうれしかった。お互いの元気を確認して、そしてみんなでお昼ご飯。参加者約20名と白石さんご夫婦と一緒に敷地内に建つレストラン「le毛利」で。シェフの毛利さん,この学校の生徒さんでもともと、都内でも違う場所にお店を構えていたのをわざわざお引っ越しをしてきたそうです。
e0127526_19562240.gif

お料理の野菜はもちろん目の前に広がる白石農園の新鮮な野菜を使って。その他の素材はいろいろな所からしっかり選びぬいて使っているそうです。
自家製パンの小麦はハルユタカブレンドです。なんだか北海道の物が活躍していてみんなが美味しいといって食べているのが、自分のことのようにうれしい。
e0127526_2004931.gif

短角牛のカルパッチョ。
e0127526_202402.gif

キッシュ。野菜が入っている。
e0127526_204827.gif

温野菜サラダ。もちろんおいしい。ソースが絶妙。
e0127526_2051171.gif

ショートパスタとブロッコリーのクリームソース。これはブロッコリーじゃなくってステッリセニョールかな??
e0127526_2064312.gif

メインディッシュのポークソテーと紅玉りんごのソース。ものすごく美味しかった。人の分まで食べたような気がする。
e0127526_2093013.gif

このレストランは予約の取れないお店のようです。その理由が本当に良く解る。とにかく素材も良ければ料理する人の姿勢も素晴しい。おまけに畑を望む風景もいい。お腹もいっぱい、楽しいためになるいい話しで心も満腹。

この日の夜の便で帰札。もう10日前にもなるのに昨日のことのようです。(^0^)/
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-05 09:27 | お出かけ | Comments(0)

横浜にて*その3

先日は道新にテッラ・マードレの記事を書かせていただきました。いろいろな方からみたよ〜とか、読んだよ〜と反響をいただきました。ちゃんとかけたかどうかすごく気になる所で、私なんぞが報告してもいいのだろうかとか、迷いはあったものの、これもご縁をいただいたとおもいありがたく書かせていただきました。全容ではないのですが一番気になる所を書かせてもらいました。会長のカルロの言葉は温かくというか情熱的で深く、心に届きました。
e0127526_1745322.jpg

カルロの講演は新聞の内容のほかにもキーワードをいただいたので、自分のためにもここで書き留めておきます。
*大地に足をつけて謙虚に
*共生産者であれ
*愛情豊かな知性が必要
*食に対して尊厳を持つこと
▲環境を破壊している食品生産の現場があることを知る
▲農業が工場化している
*食は愛であり、喜びである。この2つのファクターで人は生きている。
以上が聞き逃した所もあるかもしれませんが、講演からもらったキーワードです。
▲は、いままで気がつかなかった所で、聞いていて、あっ!と思た所。

あんまり眉をひそめると肩が凝っちゃうので、ここはスローに。
美味しく,楽しんでが信条ですね。

この日は他の分科会もあり、そちらもちょっとまとめておきます。

午前中は「味の箱船(アルカ)とテッラマードレ」と題した2年前までインターナショナル本部のの本担当官だった石田雅芳さんのセミナーを聞きました。
e0127526_1817387.gif

「お皿の上に載っている食べ物がどんな背景があるのか、考えてみよう。アルカは1つのチーズから始まりました。そのチーズがアルカができた背景をすべて物語っています。それは「ロッカべラーノ」というピエモンテ地方で作られる伝統的なチーズがあり、ピエモンテの人たちがとっても大好きなチーズだそうです。ある日、食べていると何か違った感じがあり、ロッカべラーノを作っている村に出かけたら、大きな工場が建っていて、ラベルだけは同じチーズを作っていたそうです。その上、ロッカべラーノはピエモンテに昔からいるピエモンテ牛の乳から作られるのチーズなのに、ピエモンテ牛もいなくなっていたそうです。ちなみにこのピエモンテ牛は大昔、中央アジアから山を越えてやってきた3種のうちの1種だそうです。その貴重な牛、そしてその乳から作るチーズ、チーズを作る村のおばぁちゃん(というか作り手)がいなくなっていた。それをどうにかしなければ、と立ち上がったのがスローフード協会だった訳です。
「幸せな牛のキャンペーン」を行い、ピエモンテ牛の保護(飼育方法含む)、職人の復活、伝統の味を守るということをした訳です。そのかいがあり、昔ながらのロッカベラーノが復活し、牛がいなくなってから中止していた大昔から続いていたお祭りも牛が再び来たことで復活したのです。このように食文化は地域社会の文化にも通じていること、また伝統的な牛の飼い方により環境も守られるということが起きるのです。このようなことがありアルカプロジェクトが始まったのです。」
と石田氏の話しは続くのですが、このチーズをめぐる一連の流れが世界中のどこにでも起こっていることだと、危機感ともに感じました。

この話しと後に聞くカルロの講演を聴いた後ででてきた私の感想はこうです。
「 スローフードの考え方は豊かな人生を考えるときに、また未来の子どもたちに残せるお金ではない豊かさを考えるときにおおいに役立つ。
 想像してみてほしい。砂漠化した荒野の中にいる成長した自分の子どもたちが心豊かに暮らせるかどうか。できる事なら緑豊かな美しい場所で、穏やかに暮らしている子どもたちの方がお金はなくともずっと幸せではないか。大人ができる事は、危機感を持って、後者の環境を残す最大限の努力を惜しまない事なのかもしれない。」

午後からはえりも町の短角牛生産者の高橋祐之さんの「日本短角種を残す」とほんの数十分でしたが山形県庄内産の野菜を使う地元レストラン「アル・ケッチャーノ」の奥田シェフの話しを聞きました。
e0127526_18401261.jpg

e0127526_18404090.gif

日本短角種は強いて言えば先の石田さんの話しにでてきたピエモンテ牛に似ています。今は岩手や山形、北海道などで飼育されているのみです。寒さに強く放牧で育ち自然繁殖しても子育ても上手という牛君たちです。牛肉輸入化にともない黒毛和牛などの高価な肉牛に変わって行き、どんどん少なくなって行きました。短角の肉質は赤身で和牛に比べるとカロリーは3分の2ほどで部位によっては3分の1にもなる所もあり、また高タンパクで様々な栄養素があり、最近見直されてきているということです。高橋さんもまわりがどんどん黒毛との交配をし、少しでも高い肉牛をつくっているときに純粋種のままだったので、まわりからは変わり者と言われたこともあったとか。いろいろ悩む中で無理を承知で建てた「ファームイン守人(マブリット)」(マブリットは東北弁のべごまもり=牛(べこ)を守り育てる人のことから)もいまでは予約を取るのが難しい日もあるという。

写真はないのですが、アル・ケッチャーノの奥田シェフの話しも途中からでしたが面白かったです。
アル・ケッチャーノには生産者が自分の生産に見合った好きな値段をつけて卸すそうです。その値段は普段の生活で使うには高すぎる値段なのだけど、それを使えるのがレストランだし、いい物を生産している生産者が生活できない値段でしか卸すことができない現実が,どこか歪んでいる。そのいい物を適正価格で引き取ってレストランはそれを調理して美味しくすることでお皿の値段も自由に決めることができる。それがレストランのできることだと話していました。全部聞いた人たちによるとかなり面白かったようですが最後だけでも面白かった。魅力的なシェフでした。いつかご飯を食べに行きたい。と思ってしまいました。

そんないい話し一日で盛りだくさんに聞いた私は、地域の良いもの、地域の残したいものを見定めて、あくまでも謙虚に寄り添って行きたいなとつくづく思った日でした。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-04 09:37 | お出かけ | Comments(0)

横浜にて*その2

昨日の続きです。この日に行われたスローフードピクニックの様子を。
横浜の象の鼻パークにてスローフードピクニックが行われました。
私たちフレンズには東京在住のメンバーもいてありがたいことにピクニックのお料理を用意してくださいました。このピクニックは自分たちの郷土の味を持ち寄ろうというポットラックパーティの様な物。でも、なんだかちょっぴり寂しい(他のコンヴィヴィウムのがあんまりなかった)。一番(多分)遠くから来ている私たちが一番楽しそうに(自画自賛?)にわいわいと囲んでるので、カルロ会長が一緒に囲んでくださいました。(ラッキー♡)
e0127526_1685083.gif

真ん中がカルロです。短角牛の生産者のTさんと東京のメンバーでお料理の先生のRさん。
片手に升酒をもってボーノボーノ♪といって食べてくださいました。
e0127526_1611137.gif
e0127526_16112628.gif

短角牛と札幌黄玉ねぎと北海道の在来種の金時豆のイタリア風チリコンカーンと八列トウモロコシの粉入りのピタブレッド。中に具を入れていただきました。

日本中から集っているテッラ・マードレだけど、なかなか調理して持ち寄りとなると、お台所付きの宿泊施設を探すか、私たちのように現地に協力者がいるかじゃないとなかなか参加できないものです。途中から雨が降ってきたので公園内にあるカフェに移動。私たちはお店番をしている他のメンバーと変わるために先に移動しましたが、ハッと見たらカルロがいて、手を振ったら中からでてきてくださって3人をハグしてくれました。あったかくて言葉は通じなくとも気持ちは通じているそんな感じがとってもうれしくって、平均年齢52歳位の3人はしばし女学生に戻ってしまいました。(笑)

この日は次の日練馬へ視察ツアーだったので横浜を引き払い、池袋の宿へ。
夕ごはんは池袋でしたがメンバー全員、未知の世界。若者がネットで検索してみようとフロントのパソコンで検索、
途中変わった八百屋のSさんが参加しているグループのリーダーさんが経営しているお店があることを発見。見るとそんなに遠くない。経営者が食にこだわっている人だからきっといいお店だろうと行ってみたら、本当にいいお店。雨が降って時間も遅くお腹がぺこぺこメンバーだったのですごい量のご飯を頼んだら、お店のお兄さんが食べるのが大変ですよといってくれたけど、来る皿来る皿、ドンドン空になるので、お兄さん笑ってましたっけ。写真も撮り忘れたので無いのが残念ですが帰りの飛行機の中で思い出してメモしたスケッチを。
e0127526_1635514.gif

季節の長ネギがいろいろ揃って、天ぷらや炭焼きとかにして食べさせてくれる。季節の千住ねぎの天ぷらがものすごく美味しくて、取り合い?だったのでもう一皿追加しました。(笑)デザートのそら豆(だったかな?)のアイスクリームも絶品でした。店名も忘れたけれど池袋駅の西口方面のばくばくうぐいす亭?のようなお名前のお店でした。

長い1日でいろんな出来事と出会いがいっぱいあって心もお腹も満腹な1日でした。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-03 16:02 | お出かけ | Comments(0)

横浜にて*その1

帰ってきてから1週間がたって、ようやく報告を。しかし、1週間たっても色あせず、帰って胸が温かくなる様々な出会いがあって、寒い日が続いているけれど気分だけはほかほかしています。まぁ、いいことだけじゃなく、えぇぇ〜〜ということもあったのだけどそれ以上に集った方々がすてきだったなぁ。23日にテッラ・マードレというスローフードの生産者コミュニティー会議が行われました。
そのことはつぎに報告することにして、今日はスローフードマーケットでのことを。
e0127526_14411053.gif
e0127526_14413171.gif
えぇ〜〜と思ったことのナンバー1は会場のある場所でした。これはどの人もチュ法から来た人はびっくりしたかも。だってご覧の通り、工事現場なんですもの・・・。表からはあまり解らなくって、迷い人もいっぱいいたと思われます。この日の横浜はたくさんのイベントなどで賑わっていて宿も取りずらかったことから、きっと思うようにならなかったのねと推測されるけど、スローとはあまり思えない場所にちょっと愕然。でも、中に入ってしまえば、郷に従え?ってな感じでさくさくと用意する。
e0127526_14485246.gif

私たちのスローフードフレンズのブースはアルカブース内に。アルカは味の箱船のことで、北海道から登録している4品目(札幌黄たまねぎ、まさかりカボチャ、八列とうもろこし、短角牛)を展示販売しました。我が事務局長の計らいでなんだか可愛いブースができあがり。まさかりかぼちゃ売れるかなぁと思ってたら、結構売れてしまいました。いい物は売れるのね。料理人修行中の男の子が1玉買っていてくださいました。八列の粉もいろいろな人がパンやお菓子にと国産の物めずらしいと買ってくれたり、寿司屋の職人さんが天ぷらの衣にしようと買って行きました。美味しく食べてくださればうれしいな。短角牛のビーフジャーキーは試食を出したらドンドン売れ出して結構な売り上げに。いろいろな人との交流が楽しい時間でした。雨が降ってきたけれど・・・

目の前にはスローフード播磨の素敵なブースがありました。
e0127526_1453882.gif

この播磨には版画家さんの岩田健三郎さんが参加しておられて、いつぞや見たパンフレットが気になっていたらその方だったので驚き、というかうれしさ一杯。本が販売されていたのですぐさま買いに行く。(本については別な日にご案内)うちのリーダーがご本人もいらっしゃるよ。というので早速サインをもらいに・・そしたら次々とメンバーが伺っていったら、あっというまに仲良くなってしまいました。うふふ。うれしい出会い!
e0127526_14575416.gif

他にもいろいろな場所からいろんな人が参加していました。
e0127526_1459031.gif

同時開催のアースディマーケットに出店していた米農家のお店。自家米を自家製ミソや自家製梅干しなどを使ったおにぎりに、またお餅にして販売。おにぎりにすご〜〜く惹かれたけれど、このあとにスローフードピクニックなるイベントが控えていたので、お餅を買いました。家で食べたけれど美味しかった。
e0127526_1521059.gif

ここは国産の果物でジャムをブランディングしている方のお店。写真の店主が自分でレシピを起こしてジャムを作ってもらっているそうです。甘くなくさわやかなお味。ももは国産ネーブルオレンジのジャムを買いました。この間開けて食べたけれど、甘みはハチミツだけどさわやかな甘さで、どろりとしていないさらさらのジャム。クレープで包んで食べたい。ここのジャムは都内の雑貨店や自然食品のお店で扱ってもらっているらしい。「次号の雑誌エコロコにでるんです〜」と言ってたのでみてみなくちゃ。

書ききれないのでまずはココでおしまい。スローフードの会長カルト.ペトリーニと一緒にピクニックは次回へ、続く。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2009-11-02 15:17 | お出かけ | Comments(0)