おさんぽ日和

osanpomo.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こごみ、そして匂いの話し

この間、とりたてのこごみをいただきました。
e0127526_13543250.jpg

モノクロで写真を撮ってみた。これはバックを白紙にして、1つだけアップで写したかった。残念。
e0127526_1354918.jpg

たくさんいただいたので半分、友人家族へおすそ分け。

さて、こごみ。天ぷら以外にどのように食べようかと迷い、ネットでレシピをひもとくと、しょうゆとマヨネーズにつけて食べる。というレシピがあったので、試してみました。

コゴミは枯れた葉などを取ってきれいにして、さっと塩水につける。(どの野菜もそうだけどさっと塩水をつけると虫がいたらでてくるし、農薬がかかってたらそれもでてくる)沸騰したお湯で茹でて、水にとって灰汁を抜き、猿に揚げて水を切っておく。後はマヨネーズとしょうゆ、好みでごま、かつおぶしを入れて、それをコゴミにちょんとのせて食べる。なかなかおいしいく、家族にも好評でした。
残った水煮したこごみは冷蔵庫で保存し、次の日に油揚げと一緒にごま油、みりん、しょうゆで炒める。こちらもの美味しかった♪これから北海道は山菜の季節、たくさん楽しみたいですよね。

今日は月1ラジオ(三角山放送局)の日で琴似に午前中行きました。
帰りに地下鉄まで歩く道に八百屋さん、市場、露天などで山菜が売られていました。採ってきたばかりのフキが一束100〜200円、おもわず、フキとささの子を買った私です。今日はその2品をつかった晩ご飯ですね。ちなみにイチゴも一パック150円。(小さくて不揃いだからかな?)3パック買ったので、イチゴジャムを作ります。楽しみ。琴似はなかなか面白い街だなぁと最近思うのです。とくに小さな市場だけど共栄市場の活気はいい感じ。元気な市場がある街は、きっと街が元気な証拠のような気がします。

今日のラジオで話した匂いの話しの忘れないように(話した内容とちょっと違いますが)
先日、テレビを付けたまま仕事をしていたら聞こえてきた「匂い」のこと。(音だけ聞いていたのでどの番組の何だったかわからないままです)「匂い」は密接に味覚と連動していて、60%は匂いで味を感じているのだそうです。番組の中ではりんごジュースにももとオレンジの匂いを付けたものブラインドで飲んでもらい、何ジュースか当ててもらっていました。飲んだ人たちは全員、桃ジュースとかオレンジジュースといってたのです。味覚がいかに匂いに惑わされているのかよくわかります。その実験とともに語られていた、日本人が少し前までに自然の中にある匂いに鈍感になってきているという話しに耳がダンボになった私です。
夏草の匂い、雨の匂い、夏のにおい、春の匂い、雪が降る匂い、風の匂い、花のかすかな匂いなどなど、そんな心地よさをくすぐる匂いを感じられないなんて、ちょっと悲しいと思いませんか?
e0127526_14311565.jpg

匂いのことを少し調べてみたら、匂いの器官が500万個あってそこでキャッチした匂いを振り分ける機能が1000種あって、脳の中の匂いの引き出しが10万種のあるそうです。(数字は調べたものですが正しいかどうかは?)そう考えるとすごいですね〜。自然発生的な匂いは複雑でいろいろな匂いの複合体だと思うのです。ところが人工的に作られた匂いはきっと鋭角的にダイレクトで訴えかける匂いだと思うのです。なので強烈に印象に残る。これが味覚と連動していたら、匂いを嗅ぐだけであの何々が食べたい〜と思わせることも出来ちゃうんだろうなぁと、ちょっと怖い方向に考えるとブルブル!
でも、小さなときにたくさんであった心地よい匂い、おかぁさんのにおい、おいしいご飯の匂い、暖かなおふとんの匂い、海の匂い、山の匂い、いろいろな匂いがたくさん引き出しに入っていて、大きくなって近い匂いを嗅ぐと思い出も一緒に出てくるのだそうです。(プルースト効果といわれてるそうです)面白いですね〜。なのでお子ちゃまには、刺激的ではない自然の匂い(いい匂いも臭い匂いも含め)に囲まれた生活が本当はいいのだろうなぁと思うのです。食べ物においては匂いと味覚がちゃんと合致している匂いということですね。人工的ないい匂いに囲まれすぎて、本物を嗅ぎ分けられないとか、腐った匂いかどうかわからないとか、ありそうですね。
自分の持っている本来の五感である嗅覚や味覚が衰えないように、暮らしたいなぁと思うのです。

匂いは暮しかた、人間の生活、社会のあり方までつながっているのですね〜。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-05-29 15:02 | おうちごはん | Comments(0)

イタリアから映画「テッラマードレ」の上映会

私が8年ほど前に島村菜津さんの本で出会った「スローフード」。
今まで感じていたいろいろな思いが、スローフードの理念にあって、すとんと胸に落ち「あぁこれだ!」と思った所から参加しているスローフード。そのスローフードの発祥地イタリアで作られたスローフードの映画が帯広で上映されます。
e0127526_23563433.jpg

この映画はスローフードの仲間が、イタリアの映画製作会社と交渉してようやく上映にこぎつけました。この機会にいろいろな人に見ていただきたい映画です。
まだまだ、収まりそうにない口蹄疫の脅威を関している今、私たちが本当に考えなければならない食べ物のあり方をどう考えたらいいのか、未来に続く健康的で環境に負荷をかけない農業のあり方とはどんなものなのか、改めて見直すきっかけを与えてくれる映画です。

●映画テッラ・マードレ(母なる大地)〜スローフードの世界〜 上映会
とき:6月6日日曜日 13:00〜15:00 *参加無料
場所:とかちプラザ
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/tokachiplaza/tp_access.jsp
共催:北海道スローフード・フレンズ/十勝毎日新聞社
e0127526_23572843.jpg

カルロ・ペトリーニの原案を、「木靴の樹」(1978)でカンヌ映画祭グランプリに輝いた巨匠エルマンノ・オルミが監督したドキュメンタリー。
 世界153カ国から7000人が参加するスローフードの国際会議「テッラ・マードレ」の参加者である、ロシアの畜産農家、アメリカンネイティブのワイルドライス生産者、オランダの小規模漁師の夫妻、フィリピンの小規模農家などの生産現場を訪ねて声を集める。
 また、一方でノルウエーの「世界種子バンク」の開所式のもようや、自給自足生活の末、廃屋になってしまった片田舎の家でその意味を語るなど、スローフードの理念を静かに映像美で魅せている。(78分・2009年・イタリア映画)
http://www.toho-univ.ac.jp/blog/professor/2009/10/post-85.html

e0127526_2357985.jpg

以下映画より

地球のあえぎが報告されています。水源の枯渇、化学肥料の乱用、肥沃な土壌がその活力を失い、温暖化はますます進み、生態系が脅かされている。地球は、みんなの家です。健全な経済で運営されなければなりません。正常な経済に導かれるべきです。地球の資源は無尽蔵ではない。さらなる大地の酷使は狂気の沙汰です。資源の略奪を重ね、その上、消費という名のもとに、いたずらに速さを競い、モノ余りとムダを生むのは、もはや限界にきています。確かに、この状況が持続不可能なのは、かなり明白になってきました。不透明なのは、我々の関与がどの程度かと言うことです。一人一人が消費者としてどれほどの責任を、この“発展した”社会に対し負っているのか。我々はどれだけ加担すてきたのか。歯止めのない消費に開発途上といわれる地域で農業をして暮らすみなさんに、教えを乞いたい。国は本来の農業へ立ち戻り、地域社会はその経済を復権させるのです。
(カルロ・ペトリーニ)
e0127526_23565121.jpg

地球市民でこの会の仲間であるみなさん ようこそ。インドの根強い信仰はこの驚くべき地球が食べ物と生命の連鎖だと教えています。つまり、生けるもの全てが他者の糧なのです。命の連鎖です。
私たちは摂った糧で作られる。この肉体と豊かさと健康の源は。まずよい糧を作り、供給することです。質の悪い食べ物は罪悪に等しい。糧は今や利益独占の手段です。まず作物の種子が特許化され、企業はこぞって占有権を主張しました。その95%は遺伝子組み替えです。インドでは遺伝子組み替え作物があらゆる田畑で導入され、企業は種子を供給し続けました。非常に多くの農民が負債をかかえ、自殺しました。モンサント社の利益は人命より尊いのです。食の解放をめざそうとするなら、消費者や生産者はもちろん環境運動や食文化運動も加わり、団結すべきです。それがテッラ・マードレの理念です。
(ヴァンダナ・シヴァ)
e0127526_23575898.jpg


生きることは食べること、愛情を込めて育てられた食べ物を、美味しく料理をして食べることの大事とその食べ物が幸福に満ちていること、そんな食卓を囲む幸せを、大事にしたいと思うのです。それがおにぎり一つ、パン一切れだったにしても。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-05-28 00:14 | art&映画 | Comments(0)

おいしい食べ物そして、口蹄疫を考える

今日は「だい好きパンの会」の総会でした。会を立ち上げて13年ほど、今のスタイルになって6回目の総会です。
e0127526_1659529.jpg

総会であってもパンを食べる所から始まる私たちの会は、今日も大量のおいしいパンに囲まれて幸せでした。食べたパンは栃木県の「なまけもののパン屋」さん(http://www.h7.dion.ne.jp/~n-panya/)と占冠のまあらのくばんのカンパーニュと食パン。(下の写真はまあらのくばんのでっかいカンパーニュ、マグはよくあるサイズのものだからどんだけ大きいか想像してみてくだされ)
e0127526_1741937.jpg

パンを食べながら、美味しいものを食べられる幸せと美味しさを分かち合える仲間がいることの幸せををしみじみ。楽しいから続けて来れたんだなぁと、総会の中でみんなと話しながら楽しいということが一番だよねと話しました。

私たちが美味しいと感じることおいしいと感じることが出来るのも、生産者、加工に関わる人、流通に関わる人などなど様々な人の思いのおかげです。そのようなことを考えると、宮崎県でのことはとっても人ごとではありません。まして、北海道の酪農のことを考えればますます人ごとではないと、日増しに思うのです。

先日、畑作農家の友人の処へ届いた宮崎の生産者からのメールが私の所にも届きました。それを読むと胸が痛みます。牛肉を食べないから関係ないとか、遠いし、自分が関わっていないから関係ない。と言っていた人がいましたが聞いたときにふとマザーテレサの言葉が浮かびました。
「愛の反対は無関心」
世の中はいいことも悪いこともつながっていると思うのです。無関心でいてはこの世が成り立たなくなると思うのです。私の本棚にバイブルにしている本が何冊かありますがそのうちの2冊を紹介します。
尊敬する絵本作家ゴフスタインの「生きとし生けるもの」
e0127526_1720176.jpg

世の中がつながっていることが、短くて心地よい言葉と簡潔で奥深い絵とともに綴られています。
もう1冊は内田美智子著「いのちをいただく」
e0127526_172543100.jpg

西日本新聞社から出ている本ですが、この本は食肉加工と牛の生産者のことを小学生の目線から物語風に描かれています。まさしくいのちをいただくです。魚も野菜もすべていのち。そのいのちをいただくことで、私達は生きてるということを教えてくれます。

その食べ物を作る現場が大変なことになっている。それは生きることが揺らいでいることと同じような感じがするのです。口蹄疫についてはいろいろな方々から情報やお話をいただきましたが、まずは正しい情報をつかむこと、マスコミのうわさ的なことに流されないことが必要なのかなぁと思いました。そして自分が出来る支援を正しい所へすること。

友人が送ってくれた宮崎の現場の方々の声を転載します。(許可をいただきました)感情を揺さぶるためのものではなくなかなか伝わらない、現場の生産者の声です。
以下転載−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

宮崎県での口蹄疫のニュースは皆さんもご存知のことと思います。この実情について知人からのメールを許しをもらい転載させていただきます。複数の内容をまとめてますので読みにくいかもしれませがよろしくお願いします。なお、転載したメールの内容について口蹄疫の事態を煽るものではありません。また、信憑性について問われる方もおられるかと思いますが、あくまで個人的な信用のもとで記載させていただきます。読んで頂いた各自の冷静な対応をお願いいたします。

5/10:養豚農家より
==========================
我が家では、日に日に口蹄疫の症状をだす豚が増えてきてます。足の蹄の付け根から血を流し痛さに鳴く母豚、蹄が根本からただれ落ちて生爪状態になって痛くて立てない肥育豚。鼻の周りには水泡だらけになり、それが潰れて血が流れながらも、空腹にたえられず餌を体を震わせながら食べる様、また生まれたばかりの子豚が突然死していく様をみるのは正直辛いです。
口蹄疫が発症してからというもの、父は今まで抑えていた餌の量を以前の量に戻して、「殺処分されるのは分かってる、でも最後までおいしい餌をおなか一杯食べさせてあげたい」とやはり悲しげな顔でやり続けています。

5/11:今日は牛屋さんです。
==========================
全て殺されてしまう。それでも弱れば排出するウイルスが増える。だから、殺されるのがわかってても、毎日餌をやり、ビタミンをやり、あらゆる手を尽くして少しでも牛を健康に保とうとしてます。
でも、農場全ての牛に広がり、弱い子牛から次々に弱り、死んでいきます。
死んでも処理業者も出入りできないため、死体の上に大量の石灰を乗せても、腐敗し異臭を放ち始め、
それでも親牛は自分の子を一生懸命舐め、石灰を落とそうとします。
消毒剤の不足から、本来は牛に使わないような強い薬を大量に毎日浴びせられ、牛は毛が抜けぼろぼろになっていきます。 そんな中で、自分の家族同然の牛を 殺す事も出来ず、飼い続けなければならないんです。


5/14:養豚農家より
===========================
最後まで頑張っていた酪農農家もついに力尽きてしまった。これでこの地区は全滅だ。
分娩舎の哺乳子豚が死んでゆく・・・評価の対象になるらしく、その場で石灰をかけ殺処分の日を待つ県の対策室に電話をした。後ろから笑い声が聞こえた。折り返しの電話がかかってこない埋設班が到着。午後から殺処分班が来る予定。いよいよ始まる。あるだけの餌を食べさせてあげよう。今はそれだけしかできない。 獣 医が10人到着。彼らは親豚専門の殺処分班だ。ついに始まる殺処分初日が終了。発生当初から父と二人「最後は自分達で見届けてあげよう」と話していた。母豚37頭がいなくなった殺処分二日目。今朝も母が糞出しをしている。三十年間、毎朝続けてきた。昨晩は一睡もできなかったらしい。殺処分終了。もう暗くて見えないが、豚舎の中はからっぽだ。何でこんなことになったんやろう?

5/17
===========================
川南町から外へ感染が拡大しているようです。 本当に、本当に、日本の畜産の危機です。
現場で、どれだけの人の涙と苦渋と頑張りがあるのだろう。 でも、支えが足りないのかもしれません。 現場が怒りと諦めだけに変わりませんよう に。今まで口蹄疫に関しては、事実を伝える事に重きを置き、みなさんに「何をしてくれ」と書くことはしませんでした。しかし、下記アピールの最後にあるように、多くのみなさんが、それぞれの立場で、いろんな方法で、行動してくれる事を、心よりお願いします。本当に大変な事態を迎えているのです。苦しんでいる人々がいるのです。 知らない人に伝えるのも大切です。募金でもいいです。政 治家にメッセージを送るのもいいでしょう。とにかく、行動を!

***************************

下記の宮崎県のHPに義援金の受付についてのページがありました。(参考までに)

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html

長くなりましたが読んでくださってありがとうございます。
毎日、ごはんをいただけることに感謝ですね。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-05-23 17:43 | 日々、徒然 | Comments(2)

カバン職人のお店「日下公司」さん

先日放送された、どさんこワイドとD!アンビシャスでご協力いただいた日下公司さんを紹介します。
日下さんはオリジナルデザインのカバンやバッグをミシンや手縫いで制作するお店です。奥様と2人で営むお店は、ショールームとアトリエが一緒になった素敵な空間です。いい物を作り出す凛とした心地よい空気感が漂っています。
シールームの棚には日下さんのデザイン的なバッグやスタンダードなもの、色違いものものなどなど様々なカバンが並んでいます。製作をお願いすると数ヶ月から1年半ほどかる物まであるとのこと。いつか私も作っていただきたいなぁと思っています。素敵なカバンが持てるようにがんばらなくちゃ。

長く使えて、使い込むごとに味も出てきて、愛着もわいて馴染んで行く物が私は大好き。日下さんのカバンはまさしく理想のカバンなのです。壊れたりしても日下さんの作ったカバンならメンテナンスもしていただけるので、ますます長く持てそうです。
また、商品はカバンの他にもお財布や、キーホルダー、手帖カバーやコインケースなど小物もあり、その場で購入できる物もあります。

詳しくは日下さんのHPまで→日下公司 http://www.kusaka.net/

*お詫び
先日のテレビの中で「日下公司」さんがカバンなどの修理店とお間違いになってしまった方がたくさんいらっしゃったと伺いました。勘違いさせてしまい、大変申し訳ありません。遠くから訪ねて行かれた方もいると伺い、心苦しいばかりです。日下さんへもご迷惑をおかけしてしまいました。

カバンなどのメンテナンス先をお探しの方はぜひ、こちらでご相談してみてください。
*革色良工店 http://www.kawairo.com/
札幌市内です。

なお、「日下公司」さんも「革色良工店」も7月に発行予定の新刊「さっぽろおさんぽ日和2(仮)」でご紹介させていただく予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-05-21 02:11 | What's new | Comments(2)

『菜豆』と明日のどさんこ

「てとてと はる号」の美味礼賛のページでご案内した「菜豆」のブログが開設されました。「菜豆」→ttp://saimame.blog29.fc2.com/
e0127526_1335212.jpg

このお豆を使うと他の豆が味けなくなってしまうほど美味しい。それと無添加で味付けもしていないのに味が濃く、そのまま食べても、料理に使っても美味しいのです。
札幌市内では中央区大通り西23丁目「地蔵商店」と大通り西18丁目「アトリエムーン」の2件に置いてあります。(もっと増えるかも)ぜひぜひ、お試しください。美瑛の選果場にも置いてありますよ〜。連休中にたくさん売れたようです。やっぱり美味しい物は人気ですね。ちなみにラベルのデザインとイラストはももがお手伝い。なかなかほのぼのと出来上がって、よかったなぁと思っています。(あれ?前にもかいたかな?(〜〜;))

*もも・近況
さくらも開花して札幌の円山公園では連日お花見が。
そんな円山公園に近いのに遠くてなかなかのんびり出かけられません。連休も家にこもって描き描き仕事をしていましたが、あんまりにも天気がいいのでちょっぴりおさんぽ。
新しくオープンしたところでランチしてきました。手頃でなかなか美味しい手作りのハンバーガーがいただけます。モモが食べたのは野菜のハンバーガー。下のお店のTAKUさんのレシピ。これがうまい〜。他にもカレーなどもあり、食べている人が多かったなぁ。こんどトライしよう。
e0127526_13165297.jpg

MARUYAMA DORILL
札幌市中央区北1条西27丁目1−7 2F
11:30-24:00 tel / fax011-213-7374

さくらも散らないうちに1度は見に行きたい物です。今度の土日かな?

それで、明日ですが、
STVのどさんこワイドでこの間放送されたDO!アンビシャスが8分ほどに短くなって再度放送されるという電話が来ました。「てとてと はる号」もおかげさまで手元に残ってなくて、後は販売してくださっているお店にあるかどうか?という感じになりました。(販売先は何回か前のブログを参照してください〜お問い合わせしていただければと思います。)
はる号がなくて皆様にはご迷惑をまたまたおかけしてしまいます。
ぜひ、なつ号から楽しんでください。また何かの機会に(展覧会の頃?)はる号を印刷できたらと考えています。また6月下旬〜7月上旬になつ号が発行予定ですので、ちょっとお待ちを。

*おきゃん vol.11〜お茶とおやつの号(4/15発売、ただいま販売中)
「とことこ電車に乗っておやつを探しに」というコラムを見開きでイラストエッセイーを書いています。ぜひ、読んでみてくださいね。この号全体が、美味しい楽しい内容です。

*本の製作が遅れていて、ブロイグ更新がまばらですが、気長におつきあいくださいね。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-05-11 13:48 | おいしいお買い物 | Comments(2)