おさんぽ日和

osanpomo.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏の女子会

夏の間、アトリエでゆでだこになりながら、本の原稿などに追われていましたが、たまにはお誘いをいただきふらりとお食事会へ。もう7月と8月の頭の出来事だけど、楽しかった〜!。仕事に追われる中だったので、本当にリフレッシュ。たまにはいいことだよね。おかげで次の日は仕事がはかどる〜♪

*7月の女子会(あっ、これには男子も一人いたけど)は裏参道にあるピッツァローネで。Air-Gのひろみさんの声がけで集まったのです。話も弾むけれど、ワインも弾むし、食欲も弾むひとときでした。
e0127526_15481297.jpg
きれいな前菜盛り合わせです。
e0127526_15482890.jpg
冷製パスタです。
e0127526_15484598.jpg
フォアグラのピザ。ものすごくおいしい〜。有名なシンガーの人もこれを目当てにお忍びで来るとか。その気持ちはわかるなぁ〜だっておいしいもん。
e0127526_154991.jpg
メインのお肉料理。
e0127526_15493935.jpg
デザートもピザで。アイスクリームののったスイートなピザ。これもおいしかった。

*8月頭の女子会は円山にあるoggiで。東京の某出版社のSさんを囲み100milesの編集長小山内さんとグルメブロガーのKONちゃんの4人です。oggiは以前、日々是好日というお店のあった場所ですが、今回は初めてお邪魔しました。中はまったく以前と違う雰囲気(あたりまえか)。おいしい匂いが漂っています。
4人でまずはスプマンテで乾杯。さて、写真をと携帯で取りましたが、照明が暗いのと、携帯の写真のモードの調整ができず、失敗。なのでお料理の写真は小山内編集長かKONちゃんのブログで見てくだされ。
お料理はピュアホワイトというとうもろこしのスープに始まり、パスタが2品、ヤギのチーズの薫製が乗ったヤギ肉のミートソースと、余市産のたっぷりうにの冷製パスタ。パンは自家製のフォカッチャ。うまし。箸休めのレモンバームのシャーベットがめちゃくちゃおいしい。お口の中がさっぱりとしたところで知床鳥のソテー。おなかがいっぱいなのだけど、梅のコンポートが乗ったデザートはすっかり別腹でいただきました。
雷と雨の日でしたが、お店はいろいろな人で混んでいましたよ。見た目にもおなかにも満足感いっぱいの食事に、話の花が咲き、はっと気がつくとすでに人がいなくなっていて、最後の私たち。楽しいひとときでした。夏の活力をいただきました。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-08-29 15:37 | そとごはん | Comments(0)

北海道ミルクキャンディー&リンゴのようかん

この夏、お仕事をさせていただいたパッケージをご紹介します。
e0127526_15184887.jpg

セイコーマートで8月末から発売される「北海道ミルクキャンディー」です。オーダーのミルク缶の上に幸せそうな牛くんを描いてみました。このミルクキャンディ、セイコーマートの牛乳と同じ豊富町で作られた生クリームをたくさん使っているキャンディーだそうです。一口食べると、も〜〜〜うまい!ゆっくり味わえるのもうれしいです。大人も子どもも大好きな味です。

e0127526_15232886.jpg

増毛にある和菓子屋「中村屋」さんの新しい羊羹です。イラストも題字も描きましたよ〜。増毛産のリンゴの角切りがたっぷり入ったさっぱりとした甘みの羊羹です。あともう一つは増毛の国稀酒造のお酒を使った羊羹。こちらは甘酒が好きな人にはとってもぴったりな羊羹。中村屋さんのほか、国稀酒造でも販売しています。
中村屋さんの名物には皮を取除いた小豆でつくる(そばで結うところの更級そばみたい)白いこしあんがあります。3日間かけて作るこしあんは、こしあんの苦手な私にもさっぱりとした甘さで胸焼けせず、おいしくいただけるのです。このこしあんは上記の羊羹には使われていませんが、もし中村屋さんへ行った際には、こしあんがぎっしり詰まった中華まんじゅうもあわせて食べてみてくださいね。道外からも注文が来るほどです。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-08-28 15:36 | sweets | Comments(2)

ベトナムからのお便り

今日、ベトナムからきれいな、かわいい絵が届きました。
e0127526_045695.jpg

送り主はベトナムで「Seed to Table ー 種から食卓へ」というベトナムの人と共に食・農・地域作りに取り組んでいる非営利組織を作っている伊能まゆさんからです。
e0127526_053360.jpg

「私の夢」というテーマで描かれた、明るい絵。樹にはたくさんの果実、花が咲き、蜂が飛び交い、畑には青々と作物が育っています。この絵のように世界中の子どもたちの未来が、明るい未来であるようにと願わずにはいられません。

先日、うちの娘が見せてくれた中学校の社会科の副教材に、エネルギー消費量の多さで世界地図が描かれていましたが、日本の大きさが数倍にふくれていました。いろんなことでかなりのエネルギーを使っているのです。これがどのようなことかというと
WWFが伝える「エコロジカル・フットプリントで見る、日本がかけている地球への負担」では日本型の消費社会を世界全体がすると地球が2,3個なければできない社会を作り出しているそうです。
考えるとちょっと恐ろしい(いや、かなりか。)

北海道では涼しさが増す8月も終わり、なのに蒸し暑い夜。地球を冷やす方法があれば、ハチ鳥のしずくだったとしても、やるべきとベトナムからの明るい絵を見て思うのです。

*特別非営利活動法人 Seed to Table→http://www.seed-to-table.org/
*WWF エコロジカル・フットプリントについて→http://www.wwf.or.jp/activities/2010/08/884825.html
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-08-26 00:33 | 日々、徒然 | Comments(0)

麦チェンツアー美瑛へ*1日目

去る7月最終週の土日、1泊2日で美瑛へ。これは昨年から始まった米チェンに次ぐ麦チェン事業のモニターツアーです。麦は食べるだけでなく、麦畑の風景も楽しめることもあり、麦のグリーンツーリズムなのです。
8時半に集合して出発。まずは麦を製粉するところから。ということで江別製粉へ。
e0127526_2218890.jpg
江別製粉の我孫子社長です。ここでは麦の基礎知識と製粉のことをレクチャーしていただきました。











その後は一路、美瑛へ。あいにくの天気で雨降り。本当ならば収穫前の赤麦を見学に行き、麦畑でランチの予定でしたが、急遽美瑛の道の駅の隣のラヴニール館でランチ。
e0127526_22365171.jpg
ランチのサンドイッチは美瑛にあるパンカフェ「ピクニック」のサンドイッチ。道産小麦の食パンに自家製の具材がたっぷり。参加された皆さんもおいしいと口々に。「ピクニック」のお店ものんびりする場所にあるので、ぜひ言ってみてくださいね。とご紹介しました。
*ピクニック→http://picnicbiei.blogspot.com/

ランチのあとはラヴニール館でパン作り体験教室です。
美瑛町では旅行者を対象にパン作りやジャム、バター、うどんなどなど、いろいろな体験ができるようになっています。数人のグループから修学旅行生まで体験に来るそうです。料金も良心的で800円くらいの料金で体験できます。*お問い合わせラヴニール館 tel/0166-92-2501

e0127526_2312259.jpg

講師の方が美瑛の麦のお話も。もちろん使う小麦は美瑛産のキタノカオリです。
e0127526_232810.jpg

すでに分量の小麦などが計られてあり、バターと塩、イースト菌とお湯を袋に入れて、そのままこねていきます。こんなパンの作り方は初めて。袋のまま、こねるので手も汚れず、粉もこぼれず。なかなかすてきなアイディア。
e0127526_2324445.jpg

このあとは発酵させます。イーストの量が少し多めだったのでよく膨らみます。
e0127526_2331410.jpg

発酵後はガス抜きをして成形へ。参加された方々は様々な形に。ももはロールパン型に。
e0127526_2335028.jpg

焼き上がりです〜。たくさん焼けたので持ち帰りました。8個〜10個くらいあったかなぁ。以上で所要時間が2時間弱。2次発酵がない分、早い仕上がりです。

1日目のこのあとは旭川の宿泊地へ。一休みしたあとは夕食の前に1時間半くらいの会議。参加者を4テーブルに分けてそれぞれのテーブルで麦について話し合いました。
天候不順でなかなか思うように収穫量が確保できない北海道の小麦ですが、パンやめんに向くいい小麦の品種も登場しているのと、ご当地小麦が作られるようになり、地域ごとの加工品にたくさん貢献できる可能性が大きいなどなど、意見の交換をしました。
それにつけても、天気が悪く、大風でなぎ倒されている春小麦をたくさん見かけました。

おいしい食事(もちろん美瑛産の小麦をいろいろ使ったメニューです。写真がなぜかありません。とほほ)の間やっぱり小麦のいろいろな話。

2日目はいろいろなパン屋さんへ*続く
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-08-22 03:00 | お出かけ | Comments(0)

麦チェンツアー美瑛へ*2日目

e0127526_023979.jpg

2日目の麦チェンツアーで最初に訪れたところは、「ファーマーズカフェ 風土」。ここは自然卵の「大雪なたまご」が有名なファームレラさんのお店です。ランチにはたまごたっぷりのオムライスが味わえるそうなのですが、早い時間だったので飲み物とプリンをいただきました。
e0127526_031476.jpg
抹茶オレです。使っている牛乳はやはり旭川で牛君たちが自然に暮らす放牧でそだった斉藤ファームの牛乳。ほんのり甘くてとっておおいしかった。
e0127526_0312668.jpg
本当はランチのデザートのプリンをいただいてしまいました。さっぱりとした甘さのプリン。卵のよさを実感できるおいしさです。
e0127526_035769.jpg

風土の入り口にあった古い井戸のポンプ。アンティークな感じですてきです。スローライフを心地よく大事に暮らす新田さんらしく、お店も心地よく、もっとのんびりしていたい雰囲気でした。今度はもっとゆっくり行きたいものです。
*ファーマーズカフェ風土→東川町東4号北2番 tel.0166-82-5443

e0127526_0454695.jpg
今日は4件のパン屋さんに行く予定です。1件目は「北の住まい設計者 ベーカリーです。上の写真は家具や雑貨などのお店、下の木陰にベーカリーとカフェの建物が。
e0127526_0505365.jpg

e0127526_0521279.jpg

ベーカリーに並んでいるデニッシュ。下のパンはももが購入したブドウの入ったパン。
e0127526_0523971.jpg


e0127526_0395456.jpg
e0127526_0402636.jpg

昨日は雨降りでしたが、今日はだんだんと晴れてきていいお天気になりました。
e0127526_0414635.jpg

拓真館へ。美瑛を全国に紹介した風景写真家の前田真三さんの写真館へ。たくさんの人が訪れていました。靴を脱いで入るギャラリーは美瑛の四季が美しく切り取られた写真が並び、ますます、美瑛の美しさを感じられます。

お昼ご飯は「べらもんと」というお店へ。ここには広い庭があって、外のテラスでお昼ご飯をいただきました。
e0127526_0563265.jpg

e0127526_0572546.jpg
花がきれいです。お昼ご飯ものんびりいただき、2件目のパン屋さんへ。

e0127526_0594062.jpg

美馬牛にある「Gosh」です。ここはレストラン&カフェ&パン&コーヒー豆のお店です。相変わらず大人気のお店で店内も外のテラスも、とても満員。ハード系のパン(下の写真)とコーヒー豆を買ってきました。
e0127526_1054.jpg

*自家焙煎珈琲Gosh→http://www.gosh-coffee.com/

3件目のパン屋さんは「あるうのぱいん」
e0127526_134082.jpg
こちらもいくと続々と人が集まっていて外にも待っている人たちが。店名はぱんがあるよを逆さまにしてもじったそうです。本当はここでチーズとジャガイモを使ったカフェメニューをいただきたかったのですが、パンのみ購入です。(下の写真)
e0127526_14579.jpg

*あるうのぱいん→http://www7.plala.or.jp/arunopain/

4件目のパン屋さんは「小麦畑」
e0127526_181288.jpg
とても眺めの良いところにあるパン屋さんです。ここではカンパーニュ買ってきました。
e0127526_183625.jpg

*小麦畑→http://komugibatake.jp/

このあとツアーは農家のグループが営む直売所により、一路札幌へ。たくさんのパンをお土産に帰宅しました。モニターツアーということもあり、改善点もいろいろですが、美瑛の風景と美瑛のおいしさがパンととても合う場所だなぁと改めて確認できたツアーでした。

長い報告になりました。読んでくださってありがとう〜♪
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-08-22 03:00 | お出かけ | Comments(0)

あれ?もう8月も終わり、そして海老蔵&てとてとお知らせ

ようやく、ようやく、本を入稿。本は「さっぽろおさんぽ日和」の続編。
タイトルが何になるのか来週決まるかな?
なんでこの土、日はようやくすっきりお休みを・・と思っています。(笑)まずは洗濯しながら、ブログのアップを。そんで、見逃したゲゲゲの女房と龍馬伝を見ながらお昼ご飯を食べて、洗濯物を干しながら高校野球決勝戦を見る予定。そんな平和な土曜日を久しぶりに送れそうです。

e0127526_1104630.jpg

本の原稿に追われた夏でしたが、いろいろなこともありましたので、すでに1ヶ月前にもなりそうですが、少しずつアップしていきますね。上のブルーベリーは、今関わっている「麦チェン。モデル事業」で美瑛に行ったときの写真。次回はこの「麦チェンの麦を訪ねる旅〜美瑛」をアップしますね。

さて、お題の海老蔵。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんのことです。NHKのプロフェッショナルに登場していたのを何げなく見ていました。海老蔵さんが言った言葉がすごい!面白い!さすが!と思ったのです。やはり、ただ者でもたんなる御曹司でもありません。「知っている人」でした。この世の理を生まれながらに知っている人。本物ですね。
その言葉は「人生は運と勘と縁だ」、そして「運は育てるもの、縁はその先に(運を育てた先のこと)あるもの、その根底にあるのがまたはそこを結びつけていくのが(こんな言葉だったかな)勘、だから自分の直感を信じます。」と話していました。
「運はすでに与えられているもの」と思っていましたが、「運は育てるもの」と聞いて目から鱗のももでした。そうかぁ、運は育てるものなのか。運を育て、巡り会った縁を直感で紡いでいく。そのためには日々の努力と、つねに自分を鍛えなければ、その勘も鈍ってしまう。私たちも運を育てているのだと思うと、日々の目線が変わってきますよね。勘が鈍らないように日々、研鑽あるのみ。(ぐっと握りこぶし)だけど、ちょっと今日は一休みします〜。(笑)

てとてとのお知らせ>
てとてとのブログを少しづつですが更新しています。いろいろと工夫中。なつ号に訂正があり、大変ご迷惑をおかけしています。焦って一生懸命走って、ずっこけて膝を擦りむいたようなてとてとですが、あき号はそのようなことがないように気をつけたいと思っています。
てとてとブログ→http://www.tetotetote.blogspot.com
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2010-08-21 11:53 | What's new | Comments(0)