おさんぽ日和

osanpomo.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神宮マーケットの2回目8月が終了〜♪

8月の神宮マーケットが終了しました。
e0127526_8571351.jpg

毎回、出店者はいろいろ変わりますが、野菜だけでなく雑貨やお花屋さんなども増えて来ました。日曜日はマーケットで仕入れた物でピクニックをしている人たちも発見!実行委員メンバーは何やらうれしさが♪
ますます充実のマーケットになればいいなぁと反省もありますが、来月も17、18日の土日に開催です。
ぜひ、お出かけください。

写真は今回日曜に出店してくださった皆さま。
(全員ではないです)
品物が映ってませんが、ほとんど終わり頃で
売れてしまったあとばかりです。

岩見沢の有機のトマト作りで有名なビオファーム中村さん
e0127526_8564631.jpg

円山にあるブラウンブックスカフェさん
e0127526_8563331.jpg

円山にある雑貨店origamiさん
e0127526_8562260.jpg

オーガニックな食材でお菓子を作るクスクスオーブン+ホッパーズののんちゃん
e0127526_8561720.jpg

美味しい紅茶の試飲をだしてくれた南円山にあるプレッセさん
e0127526_8561191.jpg

西15丁目にある北欧雑貨のピッコリーナさん
e0127526_8555037.jpg

滝川からきているサンチョスジャムさん
e0127526_855457.jpg

裏参道にあるソバージュさんのパン部門ポポタンオベベ
e0127526_8552279.jpg

千歳のゆめみる農園さんと仲間の農園の方々
e0127526_8551133.jpg

イベント出店のみのchillout cookさん
e0127526_855070.jpg

円山の台所のオリビエさん
e0127526_8543982.jpg

まるものメンバーで南円山にお店のあるジェントルツリーさん
花車が素敵♪
e0127526_8553436.jpg

最後に私たちのまるものブース。
高田真衣さんのパンと一緒に作家の雑貨が並びます。
e0127526_8554255.jpg

楽しかったけど暑さで消耗した、いや慣れない早起き(出店者は4時半、5時半の集合)のせいか、でもほんと楽しいマーケットになって来ました。
皆さんお疲れさま。
来てくださった皆さんありがとう〜♪
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-08-31 09:12 | イベント | Comments(0)

今度はサクラマス♪

環境と食というテーマで環境プラザで行われている講座の2回目の食材はサクラマス。

美しい川がないと育たないサクラマスが今では幻の魚と言われてしまっています。そのサクラマスから見た、川と海の環境を考えます。
今回の試食は サクラマスと鮭を塩焼きにした物を食べ比べます。
知る人はこんな食べ比べなかなかないよ。と言っていました。

ぜひ、この機会に聞いて、食べて、味わってみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海の巻「幻の魚『サクラマス』から川そして海を知る」

9月3日土曜日午前10時より12時半
場所は環境プラザ(北8西3エルプラザ2階)
海の巻「幻の魚『サクラマス』から川そして海を知る」

西田さんを講師にサクラマスのお話をしていただきます。
試食はサクラマスと鮭の食べ比べです。

会費大人500円 定員60名(先着順受け付け)

申し込みは
環境プラザ ecoplaza@kankyo.sl-plaza.jp
fax011−728−1400
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-08-31 08:47 | イベント | Comments(0)

エゾシカのことを知って味わうイベントがあります。

8月21日日曜日にエゾシカのことを知るイベントがあり​ます。

http://www.kankyo.sl-plaza​.jp/work/food/index.html

このシリーズは4回シリーズでエゾシカは第1弾です。

試食もありでワンコインでエゾシカのこと、環境やその利​用法また、おいしくいただく料理のことなど知って味わう​企画です。ぜひ、いらしてくださいね。

とき/8月21日日曜日午前10時より
ところ/環境プラザ 環境研修室
(北8西3エルプラザ2階)

お名前と住所、連絡先をき記入の上 FAXまたはメール​で
FAX/011-728-1400
mail/ecoplaza@kankyo.sl-pl​aza.jp

e0127526_1441712.jpg


先着順なのでお申し込みはお早めに♪
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-08-16 01:49 | イベント | Comments(2)

あの日から5か月が経ち・・・

あの震災から5か月。

ずっと昔だったような雰囲気が流れていますがたったの5か月前のこと。その間の5か月間でいろいろなことがどんどん変わっていきました。

今までの明るいと思っていた未来がどんなに危うい物の上にたっていたのか、知ることになりました。でも、知った以上忘れちゃ行けないですね。

考えても、考えても元には戻れないことが、あまりにもたくさんあります。ここから出来ることや日々の生活の視点を少し変えるだけで、より良い方向へ進むこともできるのかもしれません。それがどの方向なのか?わかりづらい世の中かもしれないけれど、忘れることが一番の早道ではないことだけは、今回のことでよく解ります。
今置かれている現実を受け止めて、乗り越えることこそなのではないのかと、今日あらためておもいました。

e0127526_234383.jpg

私の好きな漫画家でこうの史代さんがいます。
漫画を読んだのはもう10年まえくらいでしょうか?
「夕凪の街桜の国」や「この世界の片隅に」が本棚にあります。

夕凪の街桜の国は広島の原爆で被爆した親子3代の物語を
どこにでもあった庶民の暮らし、庶民の視点で描いています。
この世界の片隅にも第2次世界大戦、前、中、後を広島の隣町の呉を舞台に
庶民の視点で庶民のどこにでもある暮らしを描いています。

この漫画を通して、被爆した庶民のこと、戦争の中で生きた庶民のことを知るきっかけになりました。普通のどこにでもある私たちがいつ遭遇してもおかしくない、そんな視点が心に響きます。

「夕凪の街桜の国」は2007年に映画化され、ただいまエルプラザで行われている「ピースディズ2011」の最終日13日に上映されます。

映画の上映は2回あります。
(当日券は一般1000円、大学生以下500円)
1回目は13時40分より〜 2回目は16時より〜〜
また19時よりシンポジウムもあります。
ことろ/エルプラザ3階エルプラザホール(北8西3)

私もまだ見ていないので見に行こうと持っています。
(漫画は何度も何度も読み返していますが)
ぜひ、みなさまもお出かけくださるといいなぁと思っています。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-08-12 00:00 | 日々、徒然 | Comments(0)

大沼で福島の子ども達とパン作り

この2週間、一杯行事が重なって、ブログを更新出来ず。
たまっています〜〜写真が・・出来事が・・・(笑)

まずは一番最近、8月1〜3日まで大沼に滞在する福島県の子どもたちの林間学校に、パンの先生とともにパン作り体験会に行って来ました。私たちが行ったのは、「ねおす」で行っている「ふくしまキッズ林間学校」。500人規模で子ども達を受け入れて、いろいろな活動へ、大沼のキャンプ地はその最初の起点になるところ。ここからまた全道に散らばって夏休みを過ごすそうです。
e0127526_1122981.jpg


その活動に伴い、ねおすの宮本さんから、何か出来ない??という相談が。私に出来ることは・・・と考えると、絵を書くこと、パンを作ることくらいなもんです。そこでパンの会のメンバーに相談をしたところ、パンの先生でもあり食育の先生でもある堤秀子さんが手を挙げてくださり、友人の西條さんに協力を経て3人で大沼へ。

1日は午後1時から大沼へ向かい、途中で黒松内のチーズ工房「アンジュ ドフロマージュ」により、チーズ職人の射場くんから、バター作りの生クリームを分けてもらう。
ありがとう〜〜射場くん。アンジュ ド フロマージュのいろいろなチーズが彼の腕から生み出されています。新しくこれからのチーズ工房にエール♪
もっとゆっくりしていたかったけれど、大沼に着くまでにはまだまだの道のり。

夕ご飯を手前の町で食べて(食べておいて良かった・・・)大沼入り。結局7時半ころになり、宿舎に直行。明日の段取りを考えるけれど、おばさん珍道中?中の3人はなかなか笑いが絶えず。

さて、2日目、会場になる流山温泉のキャンプ場へ。
バーベキュー棟は、お掃除から(笑)
きれいに台を拭き、道具を整え、計量です。
e0127526_112994.jpg


お昼には午前中の勉強、お昼ご飯を済ませた子ども達が、バスで到着。いったい何人の子ども達が体験したいといってくれるのかなぁと思いつつ、上限を40人×2班、80人定員で用意したところ、マックス以上の子ども達が。
いざ、スタート。あまりにも忙しすぎてまともに写真が撮れない。(バター作りの写真がない・・・(;;))

司会は私「みなさん、こんにちは〜〜札幌からみなさんとパンを作りたくてやって来ましたおばさん、3人組です〜〜」「真ん中にいるのはおばさんの堤先生です。それとアシスタントのおばさんの西條さんとすずきです。では堤先生、お願いします」・・・と元気よく」はじめたら、おばさんのところで笑いが・・・
笑いが取れたらこっちのもんです(??)
e0127526_10463493.jpg

e0127526_10463189.jpg


子ども達は2人一組でこねて行きます。結構上手。男の子チームが力余って、ビニール袋が破けたりなんてこともあるけれど、ちゃんとこねて行きます。
今日の小麦粉はねおすのスタッフが手配してくださった岩見沢産のキタノカオリ。もちもちのおいしいパンになること間違い無しの小麦。
e0127526_10464087.jpg

e0127526_1046378.jpg


一次発酵の待ち時間にバター作り。2班に分けて行ったのでバターは私の指導??で。なので写真がない〜〜でも、子ども達は楽しそうにシャカシャカふるとバターの出来上がり。ホエーを味見して、バターを取り出したあとのバターをなめる子もいたり、おいしい??って聞くとみんな「うん!!!」と帰って来ます。

さて、発酵が終ったら、分割成形。
e0127526_10464776.jpg

e0127526_10465283.jpg


すこしベンチタイムをおいて、棒に巻き付けます。今日は棒に巻き付けて薪火、炭火で焼いて食べるパン。ワイルドです〜!
e0127526_10465782.jpg

私も子ども達と一緒に巻き巻き。
e0127526_11224100.jpg

e0127526_1047193.jpg



パンを焼いたら棒から外して、みんなで作ったバターと道庁からご提供いただいた赤れんがはちみつをたっぷり付けていただきました。すごい勢いでみんなもぐもぐ。バターもはちみつもあっ言う間に無くなって行きます。
e0127526_1047839.jpg

e0127526_1047126.jpg


外遊びや他のプログラムから戻って来た子ども達も食べたいたべたい〜とやってくるので「焼いて食べたいだけの人」というとすごい人数が「ハイ!」それどれに巻き付けたパンの棒を渡して焼いて、食べていました。

やっぱり食べることっていいなぁとつくづく。
一杯食べて一杯遊んでのびのび過ごして。
子どもたちの一夏の思い出のお役に立てたかなぁ??

この子達がプログラムを終えて、福島に帰る現実を想像すると、胸がきゅっとなります。付き添いで参加していた数名の保護者の方も体験されて、一緒に味わいました。堤先生に「こどもがこんなにのびのび、笑っている顔を見たのが久しぶりです」といっていたと、本当に、本当に。(;;)

後片付けを摘ませたら。午後7時。目の前の温泉につかって、ご飯を食べて、宿舎にもどったら午後10時。ばたんきゅ〜〜で3人とも寝てしまいました。

次の日はそのまま札幌へ。途中、洞爺湖のゴーシュにより、洞爺湖を眺めながらおしゃべりのひとときを。ややほんと、おばさん珍道中。(笑)

もしかしたら、子どもたちのおかげで日常を離れ、ひとときの楽しい休暇ももらった感じです。元気付けに行って、元気をもらって来たような。子どもはやっぱり子ども。どの子も、大事な未来の子ども達。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-08-05 11:55 | お出かけ | Comments(0)