「ほっ」と。キャンペーン

おさんぽ日和

osanpomo.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

すき?にがて?こども野菜の絵コンテスト

久しぶりの更新です。

夏休みにご案内した、子どもの絵のコンテストですが、無事審査も終わり、先週末に入賞式&お料理教室も終りました。
子どもの絵はなんと100名以上の絵が集まり、予想外に集まって主催のアンの店の代表の鈴木さんとも大喜び。当初の予定よりも大奮発で入賞者も多くなりましたよ♪
e0127526_16423472.jpg

審査は区民センターの大広間を借りて、絵を並べて、審査です。
甲乙付けがたし・・・できることならみんなに賞をあげたいね。などなどと話しながら、泣く泣く入賞者をきめました。来年もやろう〜!ということで来年もきっと行います。3歳上〜小学生以下なので、来年また宜しくお願いいたします。
e0127526_16415728.jpg


見ていて、子どもの絵ってやっぱりいいなぁと思います。どの絵も個性的。とっても楽しかったです&なんだか元気をもらったようにも思います。
このコンテストの絵ですが、10月にはさとらんどで展覧会を行っています。ぜひ、行かれた際にご覧になってみてくださいね。
以下は入賞者全員ではありませんが、絵の写真です。(^^)
e0127526_16415312.jpg

e0127526_16414280.jpg

e0127526_16413711.jpg

e0127526_16412749.jpg

e0127526_1640529.jpg

[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-09-23 16:56 | What's new | Comments(3)

3.11 半年が経ち・・・

震災から半年。

この3日、スローフードの会議に代理で出席のため東京へ。9日には日本各地のコンヴィヴィウムのリーダーや事務局長が集まり、各地の様子と自己紹介があった。そのリーダーの中には被災地から出席の方々も。その状況をお知らせしてくれました。

仮設住宅へ移ったけれど、避難所より悪化している生活状態。それは、地域の産業が90%被災し、仕事がない。立ち直るにはさらに時間がかかりそうだという現状。また地域によっては放射能の影響で農業が出来ない。ストプしたままになっている。今は、まだまだ被災したままに近いと話していました。それでも、支援していただきながら自立出来る道を模索し続けている、そんな姿も伺えました。
地域によって多少は違うのかもしれませんが、想像以上に進んでいない現状と大きな不安の中に被災した方々が暮らしているのです。
仙台の方が「家も街も形のあるものは流されたけど、形のない文化だけは残った。この文化を収集してまとめ、残して行くことをしなければ」とおっしゃっていました。

また、土日と茨城の親戚の家に行って来ましたが、道路のあちらこちらに地震の亀裂のあとやでこぼこがいっぱい。

この状況をしっかり見つめ、これから先の未来をどう私たちが選択して行くのか。本当に真剣に考えなければなりませんね。
半年が経ち、記憶が薄れないように働きかけて行きましょう。そして、一人一人が出来ることを心がけながらですね。

それと9.11から10年。
その後、世界がどう変わったのか。
ここから何を学ばなければならないのか。

つくづく、世界はつながっていて、世界の動きが私たちに知らず知らずに巻き込まれている。その正体がどんな物かもわからずに。
だから、私たちは目を開けて良く見て、耳を立てて良く聞き、よい匂いかどうか嗅覚を磨き、食べる物はよく注意をして味わい、いざというときに工夫出来る知恵と手際を身につけなければ。今日はそんなことを思ってしまいました。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-09-12 01:19 | 日々、徒然 | Comments(0)