おさんぽ日和

osanpomo.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

映画「しあわせのパン」のサポーター店を募集しています♪

来年、北海道では1月21日に、全国では1月28日に公開される映画「しあわせのパン」のHPでサポーター店を募集しています。
まずは予告編を見てくださいね。心がホコホコしたら、ぜひサポーターに。この素敵な映画は、不安定なこの世の中に、心の安らぎを、ほっとする気持ちをするすると呼び起こしてくれます。
それと北海道の洞爺湖の自然が何よりも、心地よく目に優しいのです。

サポーター店へ
http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/supporter/index.html

宣伝ブログもあるよ。
http://ameblo.jp/shiawasenopan/

e0127526_1571349.jpg

このイングリッシュマフィンは森本まどかさんが焼いてくださったもの。スタジオに伺ったときにごちそうしてくださいました。
まさしくしあわせのパンだった。(^^)
11月24日から行う私の個展で今年もコラボしてくださいます。
個展のご案内は後日、しますね〜
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-10-30 02:00 | art&映画 | Comments(2)

97歳の現役女性カメラマン笹本恒子さん

e0127526_9331766.jpg

ももは、以前(10年くらい前か・・)に北海道で展覧会があり、その展覧会を知人が企画したことで、見に行った際にご本人にお会いしているのですが、そのときも80代後半で、しゃっきりしておられてびっくりしましたが、それから何も変わっていない笹本さんです。

私も理想は現役で98歳くらいまで生きたい・・・と思っていましたが、そのとうり、理想の方です(^^)。
札幌で講演会があるのでみなさんぜひ、お出かけください。

●出版記念特別講演会ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本初女性報道写真家 笹本恒子『好奇心ガール、いま97歳』

●2011年11月4日(金)18:30開場 19:00開演
●共済ホール(札幌市中央区北4西1共済ビル6階)
●入場料 3000円(全席自由・税込み・中学生以上)
   ※前売り券2500円
●主 催 NPO法人アーティスティックアコードアソシエーショ
一般財団法人笹本恒子写真ギャラリー
●問い合わせ先 090-2873-9300(事務局) 
●チケットの申し込み
(お名前・ご住所・お電話・チケット枚数記入の上)
FAX 011-813-8007 又は
 メール  fleur_r.hana_mail@softbank.ne.jp

●講演内容(約1時間30分)
現役写真家が語る幸せな長生きのヒント『好奇心ガール、いま97歳』講演
好きなことなら100年だって続けられる。日本初の女性報道写真家、笹本恒子・97歳。激動の時代を撮り続けた彼女は、いまも現役の写真家として活動しています。
元気の秘密とは素人同然で始めた写真の仕事、戦争、結婚、転機。
一筋縄ではいかなかった人生を振り返る。働くこと、生きることに勇気がわいてくる。日本で一番チャーミングな97歳の生き方。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-10-18 09:39 | イベント | Comments(2)

ふくしまキッズの活動報告の映像

こんにちは。

先日、なつにおこなわれたふくしまキッズ夏期林間学校の活動報告会がありました。忙しくて行けなかったのですが、活動報告のなかで流された映像がyou tubeにアップされていますので、ぜひご覧になってください。

6分間のVTRです。
http://youtu.be/BDV3wbxcK2U

この仲でkoyomiさんという方が歌を歌っているのですが、
それが胸に染み渡ります。

この活動は、冬にも春にもそしてまた夏にも続けて行われる活動なので、今後とも継続した支援をして行きたいなぁとおもいます。

映像の中にはパン焼き体験は含まれていなかったのが残念ですが、子どもたちの美味しそうなあの笑顔は今も忘れてないです。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-10-17 10:14 | What's new | Comments(0)

あれから7か月が経ち・・・

あっという間に10月です。

本当に月日の経つのが早い。それで、何か改善しているのかというと、そうでもないのです。

まだまだ先の見えない復興、原子力の今後、収束の見えないフクシマ・・・・不安をかき立てている訳ではなく、忘れてしまうことを恐れています。ほんの7か月前のこと、すでに過去のように思えますが、まだ何も解決されないままだということを、忘れては行けないと思うのです。

私たちが安心して、子育てをして、深く深呼吸をして、体を伸ばし、山や海、里の恵みを躊躇なくいただける。いままで当たり前だったことが、当たり前じゃなくなったことへ、目をそむけては行けないと思うのです。

まずは、震災で被害に遭われた方々に、ご冥福とお見舞いを。

そして、忘れないように、見続けて行くこと。
私たちの日本がどのような道を歩むのか。

大人が出来ることはこれ以上負の遺産を生まないように
子ども達が、疲弊するような世界にならないように、
ひたすら気をつけて行くことなのではと思うのです。

e0127526_1351310.jpg


フキの下の神様。

今もいるのだろうか。いてほしいなぁ。
[PR]
by osanpobiyori_momo | 2011-10-11 13:07 | 日々、徒然 | Comments(0)